コンテンツへスキップ

7年前、沖縄で出張マッサージを受けた体験談

7年前、沖縄に傷心旅行に行った時の話です。
当時の私は、激務とパワハラ、公務員にせっかく就職でき、両親や親族の期待から辞めるという選択もとることができず、心身ともにボロボロになっていました。
まだ当時は病気休職をとるほどの重篤な状態ではありませんでしたが、やはり深刻な雰囲気は親にも伝わるようで、気晴らしに旅行にでもいってはどうか、とすすめられたのでした。
そういえば入庁依頼3年の間ずっと、土日有給は寝るためにしか本当に使っておらず、じゃあ沖縄でジンベエザメ見てくるわ、と適当にきめたのでした。
ずっとジンベエザメとサメだけをみて、水槽の前で半日以上ぼんやりとすごすという病みっぷりでしたが、それでもよかったのは出張マッサージでした。
どうせなら豪華に、とホテル紹介のアロマ付きの出張マッサージをよんだところ、これが気さくないかにも南国地元の沖縄!という気風のよいおばちゃん。
私は感じやすいこともあり、痛い箇所もけっこうあるにもかかわらず、触られるたびゲラゲラ笑いが止まらず、おばちゃんもそんなくすぐったがりな私がおかしかったのか、さらに面白いネタで笑わせに来るため、施術の40分くらいの間、ずっと笑いっぱなしでした。
すると、やはり笑いの力は強いのか、あの鬱々とした無気力がさっぱりすっとんだんですね。ガン治療にも使われる笑いパワー驚き。
翌日筋肉痛がひどかったので、マッサージは2回しか受けられませんでしたが。
本当に、目標以外のところで楽しい、救いを与えてもらえたマッサージでした。
おばちゃん、ありがとう。

https://www.tokyo-ravijour.com/pag12/